50代からの楽しみの見つけ方

これからの過ごし方ヒント★低山歩き、エレクトーン、御朱印集め、手話、もしかしたら役に立つ話しなど

脳科学の観点で練習する、、?

今日は、2週間に1度のエレクトーンのレッスンの日。

ボヘミアンラプソディ を弾いて来ました。

ゆっくりだと弾ける。難しい所は2小節単位だと弾ける。それがリズムを入れて大きな流れの中だと焦ってつまずく、、、。

 

f:id:ranponmaru:20190522201227j:plain

でもだいぶ弾けるようになってきた、、、かな?

 

ボヘミアンラプソディを手掛ける前に、練習していた曲があって、モンスターハンターの「英雄の証」だ。ゲーム音楽、かっこいい!大河ドラマの曲もいいけど、ゲーム音楽かっこいいのだ。

ボヘミアンラプソディを仕上げて、早くこの曲を集中してやりたい。

この曲のポイントは左手、ベースのリズムだ。この変わったリズムを習得出来れば、大丈夫、たぶん弾けるよ、と先生は言った。

 

練習のコツを教えてもらっている時、先生も「小脳」「大脳」とか脳科学の話で説明してくれたのが面白かった。こういうのを気が合うというのかな?それもと脳科学は、最近の流行なのか、、(^_-)

 


英雄の証  エレクトーン

 

⬆︎この人の演奏好きです。

 

youtubeのエレクトーンの曲はヘッドフォンで聴くと良さが200%になりますよ(^_-)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 

 

脳科学から見る人間関係①

 

中野信子さんは言った。脳は意外にも消費カロリーはとても多い。だから脳は常に省エネらしい。

f:id:ranponmaru:20190522195239j:plain 

たとえば、同窓会で久しぶりにあった旧友に「昔とぜんぜん雰囲気変わらないね」なんて思うのも、実は新しい旧友の姿を見つけるのでなく、昔のイメージの旧友で認知するらしい。その方が脳にとっては省エネだから。

そういうのを聞くと、ちょっとさみしくなった(笑)。

なんだ、脳が勝手に思い込んでいただけか、、と。

 

メンタリストDaigo も言ってた。関係が悪くなった人とは、誤解をとく努力よりも、新しい人間関係を作ったほうが簡単だと。これは会社など、人間関係が悪化して悩んだりウツになるくらいなら、別の部署や別の会社など、その人間関係から離れるのが一番てっとり早い(これは言えてる)。一度、悪化した相手へのイメージを変えるより、新たにまっさらな先入観のない人に、人間関係を構築する方が簡単。まっ、その方が脳は省エネですよね。

言われた事をそのままやる快感というのもあるらしい。従う快感。これも省エネ?

 

あと、中野先生がラベリング効果というのを言ってた。

例えば、占いなどで、「あなたはきっとこうですよ」とラベルを貼られることによって、その言われた以外の考えを排除してしまうから、結果的にラベリングされた通りの結果になってしまうと。まぁこれも省エネのひとつ?

 

あるある。自分も気をつけましょう。ボジティブな思い込みは結果的にいいらしい。まぁなんとなくわかる気しますが。

 

ちょっと思い出したので、メモのように書きました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

中野信子(脳科学者)さんの講演会

私は車で移動中は、youtube を聞いている事が多い。音楽も多いけど「メンタリストDAIGO」や「中野信子さん」「江原啓之さん」のトークを聞いている事が多い。

中野信子さんは大好きな人のひとり。

f:id:ranponmaru:20190519225713j:plain

 

その中野さんの講演会に行ってきました。上毛新聞レディースクラブyell(エール)に入会すれば、中野さんの講演会に行ける!という事で、即座に入会した。6000円で4回の講演会チケットがついてくる。今年度は「中野信子さん」「石原良純さん」「大地真央さん」「生島ヒロシさん」の講演会がある。

 

上毛新聞レディースクラブ|yell(エール)

 

今日のテーマは「「運」を科学する ~運がいい人の行動パターン~」でした。

要約すると youtube で聞いた話⬇︎をもっと掘り下げた内容でした。もっとわかりやすく、具体的に取り上げ、日本という民族性の生い立ちの仕組みなど、とっても興味深かった。さてあなたはどちらをチョイスするか?が締めくくりの言葉でした。


中野信子◆運の良い人悪い人

脳のメカニズムからみた「妬み」とか、話を聞いていてとっても興味深かった。

開演まで隣に座った女性ともいろいろお話してお互いの地域の情報で話が広がって面白かった。

 

ところで、私の行く講演会や舞台やコンサート、会場の年齢層は60代以上の人がとっても多い。そういう年代の人は子育て終わって楽しんでいるのか?それとも私の興味の方向が60代以上の人がウケるものなのか、よくわからない。

でも高齢化社会だから、実際60代以上の人が多いのも事実なんだろう。

 

講演会が終わり、一番近い市営パーク城東(P415台)の5階へ戻ってみるとものすごい渋滞。エレベーター内の張り紙に「イベント後は、駐車場を出るまで3時間半かかる事もあります(1台30秒 × 450台 =3時間半)」とあった。

まさか、、と思ったが、本当に車が全く進まない。1時間は1ミリも進まなかった。(@_@;)

駐車場を出るまでに1時間40分かかった。次回の講演会は別の駐車場にしようとつくづく思った。ドンマイ!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

両崖山(栃木県足利市)へ

昨日は両崖山(栃木県足利市)へ行ってきた。織姫神社から登れる標高248.5mの低山。

f:id:ranponmaru:20190516231724j:plain

春季例大祭足利織姫神社

足利織姫神社~鏡岩~両崖山へ行ってきた。低山という事もあり気楽にお散歩気分で歩いた。

f:id:ranponmaru:20190516231119j:plain

ところがどっこい!けっこうな岩場やアップダウンがあり、とっても疲れた。今回は登りも下りも歩いたので、その日は、ヒザが痛くなってしまった。家で2階から階段降りるのが辛かった。ちなみに途中、行き交う人とお話ししたりして、休憩ふくめ2時間かかりました。(^_-)

f:id:ranponmaru:20190516231149j:plain

こんな岩場がところどころにあります。平日だったけど、行き交う人もけっこういました。

f:id:ranponmaru:20190516231238j:plain

でもやっぱりこんな景色を眺めると気持ちいい。空気の澄んだ冬はとおく富士山も見えるとか、、。

山歩きは下りの方がキツイね。ヒザにきます。ふくらはぎにきます。岩場に手をかけるのに軍手が便利ですよ。

 

f:id:ranponmaru:20190516231400j:plain

山頂の御嶽神社

ところで、スマホのアプリの「ヤマレコMAP」をダウンロードしていたことを思い出し、歩き始めてすぐに、お試しで登山開始ボタンを押し山歩きした。
山を下りたところで、停止ボタンを押したら、歩いた軌跡をGPSと連動して記録してくれる優れもの!無料アプリですごい。

f:id:ranponmaru:20190516232546p:plain

ちゃんとポイント通過の時間も記録されてて超便利でした。

上の軌跡画像以外にもいろいろなMAPが帰宅してから選べます。公開して情報を共有するもよし、下書きのまま自分用の記録にするのもよし。

山歩きをする人はお試しするのも楽しいですよ。\(^o^)/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

芝生から学ぶ生命力

GW中盤、娘一家が帰り(娘一家は、今度は婿さんの実家へ)、我が家にやっと休日が来ました。

いつもの休日です。何をやるかといえばまず草むしり。

庭に5坪程度の芝生がある。芝生は手入れが大変だ。以前、芝生を手入れしていたら、通りがかる人に「芝生は大変だよ」と言われ、隣家のおじさんも「芝生は大変だよ。うちの娘のところも芝生を植えたけど、あんなに芝生植えちゃって、、云々」と芝生ネガティブキャンペーンのように、いろいろ助言をしてくれる。

 

「くちうるさい人は何かいいたいんだろうな」なんて思ったけど、今はそのお言葉に妙に納得。

手入れが大変だし、生命力強いです。

5年ぐらい前に、芝生を剥がそうと、1日1平方メートルぐらいを目安に剥がした。その後、いろいろ庭の構想を考えてながらのんびりしてたら、メキメキと芝が生えてきて、逆に、剥がした→間引きした 感じで、より良い芝生が生えてきた。

それから、その芝生に負けた気がして、共生する事にした。(*_*)

 

我が家の庭の3大やっかいな植物は、「芝生」「ミント」「ドクダミ

抜いても抜いても出てきます。

あえてドクダミを植える人はいないと思うけど、ミントは気をつけた方がいいですよ。(^_-)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 

 

三毳山(みかもやま)へ散策

GW中盤、三毳山(みかもやま・栃木県佐野市)へ行って来ました。

山歩きというには低い標高210M程の山。

ただ観光化されていて、山のあちこちで遊べる。

www.park-tochigi.com

 

もちろん山の中を散策してきましたよ(山歩きというより散策のイメージ)。

しかし、侮れません。コースによっては、ひたすら山頂まで木の階段を登り続けるコースもあります。

f:id:ranponmaru:20190511124543j:plain

f:id:ranponmaru:20190511124600j:plain

 

登りはひたすら登り、下りはひたすら下る。この下りがきっかけかどうかはわからないが、左くるぶし付近が未だに痛い。山歩きは登りより下りの方が足に負担がくるね。(メタボ気味かつ山歩き初心者ですから)

 

ただ公式サイトに乗っているハイキングコースはどれも大丈夫ですよ。自分なりにショートカットしよう、なんて思ってると険しい辛い場合があります。(^_-)

 

山全体で遊べるように設計されていて、パラグライダーの発進台もあった。ちょうどパラグライダーをやっている人達がいたので、目の前で飛び立つ所を見ていた。

f:id:ranponmaru:20190515160010j:plain

f:id:ranponmaru:20190515160027j:plain

f:id:ranponmaru:20190515163018j:plain

写真ではなだらかなに見える斜面だが、パラグライダーが飛び立つ所である。斜面の先は崖だった。

なんだか気持ち良く、佐野市内の風景を見ていたら、お子さん3人連れの親子も同じようにのんびり景色を見ていた。暑くなく寒くなく気持ちいいそよ風が吹いてなんとも言えない心地よさだった。ここをこんな風にパラグライダーで飛ぶのは、怖い感じもするけど、気持ちいいだろうなぁ、、とぼんやり眺めていた。

 

小学生ぐらいのお兄ちゃんが 斜面に立って眺めていた。そのママとパパは下の2歳ぐらいの女の子の手を離していてお話に夢中。なんか嫌な予感がした。時々感じる、確信に近い何かに突き動かされる時が。2歳ぐらいの女の子が崖のたつお兄ちゃんの所へ駆け寄ろうとしたのだ。瞬間「危ない!」と、私はその子の手を摑まえた。女の子が崖に落ちないで済んだ。良かった。(@_@;)

ほんの一瞬の出来事だった。ホントに良かった。ママから何度もお礼を言われた。

「うちも2歳の孫がいるので、ちょうど目が離せないですよね」と言葉を返した。

 

こういう、第六感が働く事がたまにある。その瞬間は何か確信して、身体が突き動かされる感覚がある。

 

そんな事が時々あります。でもただの心配性なのかもしれないけど。(^_-)

それもと母親経験した人はみんなあるかな?

 

ちなみにオバケとか見た事はないです。見たくないです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

GWで雪体験するとは、、

過ぎてみればあっというまの10連休。

前半は娘一家と息子、私達で猿ヶ京温泉(群馬)へ一泊で行ってきた。

4月に入ってから「10連休も飽きちゃうから温泉でも行こうか」と提案して、娘と私はネットで温泉旅館を探した。でも2部屋予約となるとなかなか見つからない。

「比較的安くて、それほど遠くなく、温泉が楽しめる」でやっと見つけた温泉旅館が猿ヶ京温泉。旅館は、9部屋程度の旅館だったので、お風呂もほぼ貸切状態で入れたのは良かった。

f:id:ranponmaru:20190511115725j:plain

湯檜曽付近から眺めた谷川岳

温泉はもちろんかけ流し。露天風呂もある。

となりの男性風呂に一緒に入っている孫に「ばぁばもママもこっちにいるよ」なんて声を掛けて遊びながらゆっくりお風呂に入れるのもこじんまりした旅館だからこそ。

夕飯時に女将から「ぜひ谷川岳に!」との情報を頂く。なんでも「雪の回廊」が楽しめるらしい。雪の回廊といえば、立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」だが、谷川にもあるらしい。

 

f:id:ranponmaru:20190511121110j:plain

谷川岳の雪の回廊

谷川岳ロープウェイ「雪の回廊」 イベント情報 みなかみ町観光協会 みなかみパーフェクトガイド

 

ロープウェイで登り、リフトに乗りつくと、リフトのまわりだけ雪が除雪してあり、雪の壁が楽しめるとの事!

 

 

f:id:ranponmaru:20190511115441j:plain

GWなのでスノボ以外の客も多かった

せっかくここまで来たんだから行きましたよ。孫は雪の降らない地域だから孫に雪体験をさせたいしね。\(^o^)/

ロープウェイで山頂付近に登っていくと、谷川岳はまだスキーやスノボ、普通に楽しんでいました(@_@;)

でも、まさかスキー場へ行く予定はなかったので、若干の薄着で寒かった、、、。(ちなみに当日の気温は3℃)

風もあり寒かったので、ジッとして乗ってるリフトは乗る気になれず、ロッジで熱いコーヒーを飲みながらスキー客を眺めてました。

 

行く先々で、2歳の孫が楽しそうで、それを見ているまわりの大人たちも笑顔です。

 

今年のGWはいいGWでした。\(^o^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村